カテゴリー別アーカイブ: 便利な知識

何やってるのか生中継

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINUXの運用で障害が発生したときに
あの人はどうやって切り分けを行っているんだろうか。
どうやって回復させているんだろうか。
すごく気になりますが、ゲーセンの立ち見みたいに後ろに立ってみるわけにもいかない・・・

そんな悩みを解決してくれそうなものが有ったので入れてみた。
ttyreccast

手元のwindows10上のubuntu 16.04に入れてみました。
node.js いれて npmでパッケージ入れるだけなので他のディストリでも大して変わらないと思います。

これでインストール完了!

1枚目のターミナルは、録画+配信のラッパープログラムの起動

↑なかんじで起動しておくと、/tmp/ttycast の内容を ~/date +%F_%H%M.rec に録画しておきながら、http://localhost:13377/ で配信してくれる。

2枚目のターミナルは、垂れ流し用のコンソール

ってしたら、その後の作業がhttp://localhost:13377/ で垂れ流しされている。

最後は<CTRL+D>で終わらせればいい。

自分でふりかえるのは

ってすれば、再生される。
ムーディー・ブルース!

おしゃれにプロセス見る。だけじゃなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今時、topコマンドじゃなくてhtopなんていうおしゃれなコマンドがあるんですね。

しかもカジュアルにプロセス殺せるという。
なんか、クソみたいなプロセスがうごいてたのでKILLしてみた。

シグナルも選べるんですね。

–追記–
プロセス選んでsでstraceできるし
プロセス選んでlでlsofできるし
ちょっと、できること豊富っぽい。
時間が有れば、しっかり調べてみる。

dstatは知ってると役に立つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

だいぶ前に、dstat -tlaf 1は良さげ
と言ってたのですが、ちゃんとオプションとか知らずに言っててすいませんでした。

すごく良いので、ちゃんとオプションについて書いてみます。

オプションなしで動かすと、デフォルトの-cdngyが渡される。

-c:cpu stats (system, user, idle, wait, hardware interrupt, software interrupt)
-d:disk stats (read, write)
-n:network stats (receive, send)
-g:page stats (page in, page out)
-y:system stats (interrupts, context switches)

次は、dstat -tla 1

-t:time/date output
-l:load average stats (1 min, 5 mins, 15mins)
-a:equals -cdngy (default)
1 は1秒ごとに更新ですね。

ヨサゲと言ってたdstat -tlaf 1

-fは
CPUや、DISK、NETWORKを詳細に表示してくれるんですね。

ページングはあるけどメモリが出てないですね、man見れば書いてますが-mですね。
メモリは-f渡してもこれ以上の詳細表示は無いですね。

ここまで欲張るとターミナルからはみ出る。

vmstatに時刻出すときどうやってたっけ?って悩むことなく-tvで

manはボリューム満点なので
まずは–helpから見ていくと良いと思います。

ドンピシャ検索

このエントリーをはてなブックマークに追加

ELBのアクセスログで5xxエラーを拾いたい。
こんな感じでログ出るはずなので

grepすると、違うところも引っかかる

フィールドは決まってるので
8番目の(elb_status_code)をgrepできればいい。
スペース区切りで出力されるので、確実に8番目にステータスコードが来るはず。
awkならスペース区切りの8番目とかできるでしょ。

うん、8番目取れたけど…8番目が5xxの行全体が欲しいんだよね。

8番目が5で始まるにマッチする行全体を表示すると、欲しいの取れそう。

ドンピシャ取れた!

なんかあったらこれ叩く。

このエントリーをはてなブックマークに追加

とりあえず、なんかあってサーバに繋いだら
一発目にw

二発目に
dstat -tlaf 1

dstat -tlaf 1 は欲しいのが見れそう。

sshpassコマンドスゲー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ESXiにsshでvim-cmd 発行するやつをcronで仕込みたいけど、公開鍵認証じゃないところから
いい感じで出来ないものかと悩んでいたのですが、
まさに問題を解決するためのコマンドがありました。

スゲー!
事前にファイルに(平文だけど)パスワード書いておいたら
こんな感じでいけるのか。

CentOS7だったら普通に入ってるし、CentOS6でもepelリポジトリからインストール出来る!!!
マジ捗る。

ESX(i)ホスト上の仮想マシン一覧を取得する

このエントリーをはてなブックマークに追加

おk取れた!
まずは、第一段階突破

vim-cmd初めて使ったけど、これは知っとかないとアカンやつ。
もっと上手につかいこなしたい。

chromebookにlessを入れる

このエントリーをはてなブックマークに追加

chromebookにはlessがないので、入れてあげる必要が有った。
まずは、デベロッパツールのインストール(2回目以降は –reinstall)

lessのインストール

はいったよ。

sysstatで簡単な性能監視というか、後で見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

X使える環境がなかったので
OWASP(ZAP)を動かせる環境用に、java8JREの入ったwindowsVMをわざわざ用意しました。

わざわざjava8の動くwindowsVMを用意したので、せっかくなら
使えるものは使ってしまえということで。

kSar入れました。
入れるというか、jarファイルを落としてきてダブルクリックするだけです。
http://osdn.jp/projects/sfnet_ksar/
ここから、kSar-5.1.0.zip を落としてきて展開するだけ。

前後してしまいましたが、
kSarとは、sarの出力をグラフにしてくれる便利なやつです。

sarの出力はsysstatがよろしく用意してくれるのですが
デフォルトだと10分に1度のデータ取得なので少し、粗めのグラフになるので
毎分(1分ごとに)データを取得するようにcron.dを少し触りました。

/var/log/sa 配下に過去1ヶ月ぶんの出力が溜まっているので
全部たとえば、24日のやつをみる。

めっちゃ長いので、出方だけ。

kSarにはテキストの出力結果を渡してあげる必要があるので
テキストに出力します。
その時に、時刻が日本語だと残念な結果が待っているのでLANG=Cします。

sa24.txtが出来たので
kSarに渡してあげればOKです。
(ここはGUIなので、ry)

気をつけないといけないこと、sarコマンドでテキストに出力するのは、そのサーバでやらないとダメです。
(CPUなんだと思います。)
同じ仮想マシンでもCPU追加するとダメです。

AWSをコマンド操作する(したい)

このエントリーをはてなブックマークに追加

AWS コマンドラインインターフェイスと言うものが用意されているので
それを導入することで、コマンドラインからAWSを操作できるみたいなので。
早速入れてみる。
pip何それ?なので、pipのインストールから

これで、とりあえず入った。

まずは、設定をしないと使えないので

これで、初期設定完了!
あとは、叩くのみ!

はぅぁ!多すぎてわからん。
勉強します。

これするとタブ補完してくれる!