カテゴリー別アーカイブ: CentOS7

Stack Clashの対策できてるかチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

RedHatがチェック用のシェルスクリプト公開しているんですが、
どうも日本語訳からリンクしているシェルスクリプトがイケてない。
結果のechoのところがtypoしてるっぽい。

で、原文の方見てたら新しいバージョンのシェルスクリプトにリンク張り変わってる…
ちゃんとチェックできました。

ちゃんと確認できた。

そういえば、
CentOS5はEOLしてたんですね。

世の中的にまだ、ゴロゴロ本番機で転がってる気もするんですが、
MS社みたいに太っ腹パッチ公開は無いか…

なし崩し的に終わったOSにも何故かメーカーがパッチ提供するみたいな。

CentOS7のAMI使った時のメモ

このエントリーをはてなブックマークに追加

EC2でCentos7のAMI使ってインスタンス立てた時のメモ。
無料枠のt2microで立ててます。

* SELINUXの確認→無効化

* epelリポジトリ追加する

使う。

I/O性能の監視

このエントリーをはてなブックマークに追加

I/O性能見たい!

フィールドの説明があった!
https://www.kernel.org/doc/Documentation/iostats.txt

Field4 の読み込み(ミリ秒)とField8 の書き込み(ミリ秒)があったら良いのかな。

Field 1 — # of reads completed
This is the total number of reads completed successfully.

Field 2 — # of reads merged, field 6 — # of writes merged
Reads and writes which are adjacent to each other may be merged for
efficiency. Thus two 4K reads may become one 8K read before it is
ultimately handed to the disk, and so it will be counted (and queued)
as only one I/O. This field lets you know how often this was done.

Field 3 — # of sectors read
This is the total number of sectors read successfully.

Field 4 — # of milliseconds spent reading
This is the total number of milliseconds spent by all reads (as
measured from __make_request() to end_that_request_last()).

Field 5 — # of writes completed
This is the total number of writes completed successfully.

Field 6 — # of writes merged
See the description of field 2.

Field 7 — # of sectors written
This is the total number of sectors written successfully.

Field 8 — # of milliseconds spent writing
This is the total number of milliseconds spent by all writes (as
measured from __make_request() to end_that_request_last()).

Field 9 — # of I/Os currently in progress
The only field that should go to zero. Incremented as requests are
given to appropriate struct request_queue and decremented as they finish.

Field 10 — # of milliseconds spent doing I/Os
This field increases so long as field 9 is nonzero.

Field 11 — weighted # of milliseconds spent doing I/Os
This field is incremented at each I/O start, I/O completion, I/O
merge, or read of these stats by the number of I/Os in progress
(field 9) times the number of milliseconds spent doing I/O since the
last update of this field. This can provide an easy measure of both
I/O completion time and the backlog that may be accumulating.

sshpassコマンドスゲー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ESXiにsshでvim-cmd 発行するやつをcronで仕込みたいけど、公開鍵認証じゃないところから
いい感じで出来ないものかと悩んでいたのですが、
まさに問題を解決するためのコマンドがありました。

スゲー!
事前にファイルに(平文だけど)パスワード書いておいたら
こんな感じでいけるのか。

CentOS7だったら普通に入ってるし、CentOS6でもepelリポジトリからインストール出来る!!!
マジ捗る。