カテゴリー別アーカイブ: Amazon Linux

どうしてもSSHしたいから踏み台を作ったはなし

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっとした研修施設でMicrosoftAzureの研修のようなものに参加させていただいたのですが
インスタンスの構築はwebブラウザからサクサクと進めればいいのですが
立ったインスタンスにsshでアクセスしようとしたものの、アクセスできないorz
どうやらその研修施設のネットワークがガチガチすぎて、22番ポートに出ていけない。
というか、80番と443番にしか出ていけないw

困ったので、443番でssh待ち受けるサーバを作った
AmazonEC2上に立てたので、標準だと公開鍵認証認証なのですが
公開鍵を持ち歩くことないので、踏み台アカウントを作成して、踏み台アカウントはパスワード認証にした。
#さすがにec2-userとかパスワード認証にする勇気はないです。(ユーザー名知れ渡ってるし、総当たりされそう)

ちなみに、上記な環境です。

やったことはシンプル
* /etc/ssh/sshd_config の編集
* sshdの再起動
の2つだけです。

リッスンポートを22から443に変更

踏み台アカウントはパスワード認証

変更後にsshdの再起動。
めでたくして、443ポートで待ち受ける踏み台サーバができました。

AWSでapache2.4系でwordpressのメモ

このエントリーをはてなブックマークに追加

結局、以下のパッケージを入れることで対処でけた。

あ、wordpressの初期設定時だけEC2のセキュリティグループでTCP3306空けてあげないと怒られます。
うん、localのdbじゃないからその時だけで良いんですよね?
初期設定終わったら閉じましたが、動作に問題なさそうですし。

うん、うごいたー

Amazon Linux立ててみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

無料枠あるんだし、EC2でも触っとけばいいじゃん!
こんな天気がいいのに・・・
ということで、EC2にt2.microなAmazon Linuxを立ててみた。

# せっかくなんでその1、mackerel-agent入れてみる。

あっという間に入った!
しかも、EC2のインスタンス情報が出る!

# せっかくなんでその2、byobu入れてみる。

はい、そのままではダメでした。
パッケージが足りてないので、入れる。

気を取り直してrpm

うごいたー!
Screenshot 2015-05-24 at 14.04.57

uptimeみれるのが、時間気にしながら使うのにちょうどよい。
今回の課金枠でxxやってやるぞ!みたいな。

この先の遊び方を知らないのが不幸だよね~。