dstatは知ってると役に立つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

だいぶ前に、dstat -tlaf 1は良さげ
と言ってたのですが、ちゃんとオプションとか知らずに言っててすいませんでした。

すごく良いので、ちゃんとオプションについて書いてみます。

オプションなしで動かすと、デフォルトの-cdngyが渡される。

-c:cpu stats (system, user, idle, wait, hardware interrupt, software interrupt)
-d:disk stats (read, write)
-n:network stats (receive, send)
-g:page stats (page in, page out)
-y:system stats (interrupts, context switches)

次は、dstat -tla 1

-t:time/date output
-l:load average stats (1 min, 5 mins, 15mins)
-a:equals -cdngy (default)
1 は1秒ごとに更新ですね。

ヨサゲと言ってたdstat -tlaf 1

-fは
CPUや、DISK、NETWORKを詳細に表示してくれるんですね。

ページングはあるけどメモリが出てないですね、man見れば書いてますが-mですね。
メモリは-f渡してもこれ以上の詳細表示は無いですね。

ここまで欲張るとターミナルからはみ出る。

vmstatに時刻出すときどうやってたっけ?って悩むことなく-tvで

manはボリューム満点なので
まずは–helpから見ていくと良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です